和+洋テイストの布こものを制作。作品販売やワークショップをしています。時どき着物 ・・・和ゆう 


by 和ゆう

カテゴリ:布や素材( 28 )

ほんのり梅いろ

c0127111_1752611.jpg


すこし黄ばんだ古布の白絹。花袋に使うために染めることにしました。

紅茶染めはベージュになるし、、、梅酢はどうかな?と。
…試したらかなりよい色合いに。一回ではとても薄かったので、二度染めにしました。元の色との違い、わかるでしょうか。ほんのり梅色・・^^。

花袋のひもは紅茶染め。ピンクの鮮やかさがくすんだ色に変わり、古布と似合うようになりました。小さな箇所でも、しっくりする色を考えます。
[PR]
by anna-d | 2010-12-18 00:01 | 布や素材

ヒョウ柄・・ ?

ちょっと珍しい柄の銘仙を買いました。
洋ものは模様がランダムなのに、これはきちんと並んでる!

c0127111_2233539.jpg


モダンで不思議な雰囲気。。地は鼠色で地味めなのを、他と合わせればとても引き立つんじゃないかと思います。明るい橙いろ、山吹、桃色も合わせたら意外といいようだし、くすんだ赤や茜色など和風な暖色系がしっくりくるみたい。何を作ろうか楽しみです*

  +++
c0127111_2235284.jpg


これは小物を作り始めた頃の扇形のマット。いきなり難しいのに挑戦したものだから、よく見ると上の縁がデコボコ・・。布で円形を作るのって難しいです。
橙の帯地と小紋のハギレです。色合わせは好きなのに、なぜか使ってません;(壁にでも貼ってみようか。)
[PR]
by anna-d | 2010-11-21 10:29 | 布や素材

とっておきの布

左のハギレは明るい森の模様が描かれた、色鮮やかな北欧調のインテリアファブリック。
右はフランスのアンティークを初めて買ったもので、ミント色の珍しい葉の模様が気に入っています。

どちらもハサミを入れるのが惜しいようで、何を作ろうか考え中・・・
c0127111_1541014.jpg

[PR]
by anna-d | 2010-09-22 15:40 | 布や素材

三色の亀甲

とても鮮やかな亀甲(きっこう)もようの銘仙です。亀甲模様は中国から伝来したのでしょう。 赤・白・黒がこういった大胆な柄だと、小物にするととても面白いんじゃないかと思って買ってみました。
コサージュを作ったら、やはり意外な柄ゆきになり、くっきりした印象です。

c0127111_8301125.jpg


この着物はどんな人が着ていたんだろう・・などと想像します。ほとんど銘仙フェチになっているこのごろ(笑)。

  +++

時どき、布をどこで手に入れるんですかと聞かれます。
・・布がありそうなところなら、どこへでも行きます ^^
町の手芸店から呉服屋さん、デパート、ギャラリー、古物店、それから骨とう市にも。いただきものの生地や、祖母やおば達が残してくれた着物。ネットで見つけたり、旅先では食べ物より布のある店を探して行ったりします。

布との出会いは偶然がとても大きいのですね。特に着物は二度と会えない時があるので、じーっとよく見て考えてから。時には第一印象で・・
[PR]
by anna-d | 2010-09-07 08:38 | 布や素材

飾りボタン

c0127111_14243460.jpg


骨とう市で見つけたボタン。どこの国のか時代もわかりませんが、デザイン、色がレトロないい感じです。まわりが金属のものは光るので、使うととても映えます。

コサージュの芯や、小物入れのひも留めなんかに活躍してくれそう。
ボタンひとつで全体の印象もかわるのを感じます。
[PR]
by anna-d | 2010-09-01 14:33 | 布や素材

本棚に・・

本だなの本が丸見えになると困る時があって、カーテンを垂らしています。

ソレイアードのような模様が気に入って買った布。ヒダなしで、棚の下段は見えるくらいの長さ。
c0127111_21232297.jpg

[PR]
by anna-d | 2010-07-29 21:23 | 布や素材

幻花


~ 暑中おみまい申しあげます ~

きれいな色だなと思って、骨董市で求めた真っ赤な地色の銘仙。
家に帰ってよく見たら、とっても派手! 子どもの着物だったみたい。
大きな花が前と後ろに大胆に並んでいました。
こんな生地は持ってないけれど、いつも使わない生地を使ってみたら思わぬ生地のよさが出る気がして。。

c0127111_13164435.jpg


なんの花かわからない花。燃え上がるような勢いを感じます。
[PR]
by anna-d | 2010-07-22 13:17 | 布や素材

IKEA と銘仙

先日求めた二つの布。イケア製(スウェーデン)と正絹の銘仙です。

どちらもふだんあまり買わない花柄。水玉やストライプ、チェックなどを選ぶことが多いのだけど、これはどちらもすてきで何かを作ってみたいと楽しみです。

イケアのは色みがあっさりしているので、モノトーンを活かしてクッションカバーなどに。。銘仙は華やかな色なので、白のリネンなどと合いそう。
c0127111_18121015.jpg

[PR]
by anna-d | 2010-07-11 17:49 | 布や素材