和+洋テイストの布こものを制作。作品販売やワークショップをしています。時どき着物 ・・・和ゆう 


by 和ゆう

東北応援~東北のぬの~からむし織

福島会津の布のご紹介です――

c0127111_18381230.jpg


― 「からむし織」とはイラクサ科の植物で別名苧麻(ちょま)、または青苧(あおそ)と呼ばれてる植物の茎から採取される繊維〈からむし〉を糸にして織られる織物をいいます。からむしの繊維は通気性や吸水性に優れ、高温多湿な日本の風土にあった繊維として、最近では他の化学繊維と一緒に編んだ生地でワイシャツや洋服などが生産されるようになりました。
からむしの歴史は古く、応永年間(1390年代~)にはすでに昭和村のからむしが越後上布の原料として珍重されていた という記録が残されています。ー

「福島観光物産交流協会」HPより

・・・HPの説明から、反物にするまでにものすごく長い時間と、てまひまをかけているのがわかります。素朴でしっかり織られたからむし織を、一度見てみたいです。

+++

c0127111_10164147.jpg


ふくやま手しごと市に行った時、裂き織りの小物を販売している福祉作業所のブースがありました。小さなハギレがあってとてもきれいだったので、なにかに使いたいなと買って、ピンクッションを作りました。

抽象画のように鮮やかなので・・・眺めています。
[PR]
by anna-d | 2011-05-25 08:38 | 布や素材