和+洋テイストの布こものを制作。作品販売やワークショップをしています。時どき着物 ・・・和ゆう 


by 和ゆう

東北のぬのー仙台平

東北応援のための布の紹介~続きです。

仙 台 平 (せんだいひら)

 <仙台平は、江戸中期頃に仙台藩が京都から織匠を招いて、藩御用の法被、袴(はかま)、能装束、兵具等の織物を織らせたことに始まるといわれています。その織物は「伊達衣装」の名のもとに当時の織物の優美さを広大に響かせました。
 その後、金華山生糸を用いて更に改良を加え、最高技術の織物袴地を織り出すこととなり、皇室、幕府及び他藩への贈り物として極めて珍重され、典雅な風俗を愛した格式の高い武士の間には、日本一の袴「仙台平」なりと賞賛されるに至りました。>

c0127111_10421490.jpg

● 主な製品 袴地、能装束、ネクタイ、札入れ、名刺入れ 他
<宮城県 産業振興課> HPより 写真をお借りしました

   +++

c0127111_10382639.jpg


インテリアファブリックを使ったバネポーチ。
大きい柄を小さな面積に使う時は、どの部分を使うかムズカシイのですが、かんがえる楽しみもあります。 ばね口は紺のリネン。ここもどんな色にするか、じっくりあれこれ考えます。
[PR]
by anna-d | 2011-04-07 10:39 | 布や素材