和+洋テイストの布こものを制作。作品販売やワークショップをしています。時どき着物 ・・・和ゆう 


by 和ゆう

東北のぬのー南部紬

東北には昔から手工芸品や染織のすばらしい技術や産業がたくさんあります。東北を応援したいので、各県の産地の布をしらべて、少しずつ紹介したいと思います。
 
+++

南部紬(岩泉町)

くるみ、きわだ、その他の草木を染色の原料とするほか、化学染料による先染加工(手織)をし、男女物の着尺からアンサンブル、帯まで生産し販売している。手織紬特有の優雅にして自然の風格、軽やかにして温かい肌ざわりと強靭で着崩れない格調の高い製品として好評を得ています。

沿革・歴史
南部紬は藩政時代から領内各地において生産され、むらさき・あかねなどの野草を原料として縞に先染めした素朴な織物でしたが、染原料の野草が消滅するにつれ白地のまま販売されるようになりました。今は紬を織る人も少なくなり、現在は数名による生産となっています。 主な商品 ●反物 ●帯

<観光ポータルサイト いわての旅>
(いわてブランド|こだわりの技|織物・染物より)


    +++
c0127111_10293268.jpg

淡いソーダ水のようなリネンで早速作ったバネポーチです。中央にピンタックを入れ、緑のフランスボタンをポイントに。

c0127111_10292042.jpg

おもしろい幾何学柄の久留米絣+バネ口部分はえんじ
[PR]
by anna-d | 2011-04-06 10:52 | 小物